読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、理学療法士である私上條が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 当ブログの内容はご自由にお使いいただいて構いませんが 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

国際筋膜学会のレビューについて

またしても長いです。 そして2013年の情報なのでもうよく知られている話が多いかと思います(´Д⊂ 今回から、論文の記載雑誌のimpact factorも書いていこうと思います。 impact factor (IF) というのは雑誌の格みたいなもんで、 その雑誌にのった論文が平均し…

筋膜の能動的な収縮性について

Active fascial contractility:Facia is able to contract in a smooth muscle-like manner and thereby influence musculoskeletal mechanics 2005 R.Scheip W.Klingler F.Lehmann-Horn 筋膜は平滑筋のように収縮することができ、それによって筋骨格系のメ…

Fascia and Primo Vascular System

予告通りです。長いです。 正直同じ事を繰り返しているだけで、最後の「経絡と筋膜の関連性」の段落だけで十分意味が通じるかと思います。 PVS・・・primo vascular systemの略 TCM・・・伝統的な中国の医療 PN・・・primo node PVSの中の膨らんだ部分 PV・…

primo-vascular system

旅行中ネットがつながってないかもしれないので、今のうちに・・・ primo-vascular systemについて。 日本語に該当する訳語はなさそうですが、 primo 第一の とか 最高の vascular 導管の system システム 血液でもないリンパでもない新しい循環システムなの…

中枢性めまいに対する椎骨脳底システムのCTアンギオ

Vertebrobasilar system computed tomographic angiography in central vertigo Pasaglu L 2017 (筆者は医師で放射線技師らしいです。なので画像の撮影についての話が多いです) 概要 めまいの発生率は人口の20-30%と言われ、その1/4のケースは中枢性のめま…

足底の皮膚受容器の役割

The role of cutaneous receptors in the foot 2002 Inglis JT, Kennedy PM, Wells C, Chua R 概要 前回のブログに記載した論文の元となった論文です。(ちょっと古いです) 足底の皮膚受容器はヒトの立位と歩行のコントロールに貢献すると考えられる。足底…

足の感覚、バランス、固有受容

Foot Sensation, Balance and Proprioception 2015 Kafa N 概要 皮膚の機械受容器は足底に広く分布している。足底の機械受容器の主要な役割は外的環境からの刺激に応答することと考えられる。しかしながら、これらの機械受容器はしばしば姿勢のコントロール…

脳卒中患者さんの立位保持に対するライトタッチの効果

Influence of light touch using the fingertips on postural stability of poststroke patients 2015 SH Lee, DG Lee, YB Lee, YJ Jee, GC Lee, D Park 概要 脳卒中後の患者さんの姿勢制御に、ライトタッチがどのような影響をもたらすかを検証する。ライト…

足底の皮膚受容器の変化について

Selective skin sensitivity changes and sensory reweighting following short-duration space flight 2014 CR Lowrey, SD Perry, N DJ Strzalkowski, DR Williams, SJ Wood, LR Bent 概要 重力下環境では、足底感覚と前庭感覚が一緒になって姿勢調整をして…