某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、某理学療法士が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 個人的にどこでみた文献か忘れないようにメモしているようなもので、 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

糖尿病が治ってほしい

気がついたら2ヶ月放置しておりました。 何気に毎週みにきてくださってる方がいるみたいで。 今回久々更新のくせに英語じゃないっていう。 私が2年ほど前にみていた患者さん 糖尿病で10年ほどインシュリン注射をしていたそうです。 ある日、普段通っている病…

アクセス解析

先日でブログを始めて1年になりました。 これまで毎週末にできる限り更新しておりましたが、 半年ほど前からまた大学で研究をさせていただいておりまして 最近は論文を書くため今やっている研究に関する論文ばっかり読んでいるのです。 臨床に関する論文も読…

ニューラル・ネットワーク・メカニズムの細胞タグ付け

Cellular tagging as a neural network mechanism for behavioural tagging Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Yokose J, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Kato F, Inokuchi K 2016 IF12 マウスを使用 新しいことを記憶…

共有住宅に住む高齢者の立位バランスに対するエクササイズの効果

The effects of comprehensive exercise program on the adjustments of standing balance in community-dwelling elderly persons Maejima H, Kanetada Y, Sunahori H, Murase A, Otani T, Sakamoto N, Yoshimura O, Tobimatsu T 2008 高齢者(平均約70歳)…

筋と脂肪について(また英文じゃないです)

先日、自分が行なってきた研究に関して、発表させていただく機会をいただきました。 発表後の質疑応答で 「運動刺激の不足や不動化により筋が線維化し、筋が脂肪に置き換わるという話があるが どの筋がより脂肪に代わりやすいとか、筋による違いはあるのか」…

TKAの結果と膝関節屈曲拘縮の役割

The role of flexion contracture on outcomes in primary total knee arthroplasty Ritter MA, Lutgring JD, Davis KE, Berend ME, Pierson JL, Meneghini M 2007 IF 3.0 屈曲拘縮がTKAオペ後の結果にどう影響をもたらすかを検討する。 5622の膝について調…

静脈洞交会について(英語翻訳ではありません)

ちょっと今回英語じゃないんですが、気になったので。 先週研修会に参加したのです。 そこで、小脳テントやその中を走る横静脈洞は左右対称じゃないって話を伺いまして まぁ人の体なんてそこら中左右対称じゃないので気にしていなかったんですが その日にも…

変形性膝関節症患者の膝屈曲拘縮:後部関節包の臨床的特徴と組織学的特性

Knee flexion contractures in patients with osteoarthritis: clinical features and histlogic characterization of the posterior capsule TM Campbell, G Trudel, O Laneuville 2015 21人のOA患者(13人膝の屈曲拘縮あり、8人膝の屈曲拘縮なし)のTKAオ…

脳卒中患者 上肢運動機能におけるミラーセラピーの効果

Effect of mirror therapy on upper extremity motor function in stroke patients: a randomized controlled trial Gurbuz N, Afsar SI, Ayas S, Cosar SNS 2016 脳卒中患者31名(発症後平均45日)を対象にミラーセラピー群(16名)、通常リハ群(15名)に分け…

肺線維症の発現プロファイリングの比較により、Hypoxia-inducible Factor-1αの病気における役割が示唆される

Comparative Expression Profiling in Pulmonary Fibrosis Suggests a Role of Hypoxia-inducible Factor-1α in Disease Pathogenesis Tzouvelekis A, Harokopos V, Paparountas T, Oikonomou N, Chatziioannou A, Vilaras G, Tsiambas E, Karameris A, Bour…

脳卒中後の脳活動は上肢の運動のスムーズさに関連する

Brain activation is related to smoothness of upper limb movements after stroke Buma FE, van Kordelaar J, Raemaekers M, van Wegen EE, Ramsey NF, Kwakkel G 2016 IF 1.9 脳卒中後、同側および対側の感覚運動野の動員が増大するのか、小脳が失われた…

軟らかい面を歩く際に動的安定性を調整するための歩行パターンの適応

Adaptations of walking pattern on a compliant surface to regulate dynamic stability MacLellan MJ, Patla AE 2006 IF 1.9 ヒトは日々歩行する際に接地する面によって動的安定性は脅かされる。 中枢神経系は安定性を維持するため、次の接地面の適切な情…

不動によるラットヒラメ筋の不溶性コラーゲンの集積とtypeⅠとtypeⅢコラーゲンアイソフォーム

Effect of immobilization on insoluble collagen concentration and type Ⅰ and type Ⅲ collagen isoforms of rat soleus muscle Hibino I, Okita M, Inoue T, Banno Y, Hoso M 2008 IF 0.12 不溶性コラーゲンは架橋結合を形成して、組織間の動きを阻害する…

脳卒中後の上肢運動機能の回復におけるFESの効果(ケーススタディ)

Effect of intensive functional electrical stimulation therapy on upper-limb motor recovery after stroke: case study of a patient with chronic stroke Kawashima N, Popovic MR, Zivanovic V 2013 IF 0.7 22歳女性 脳出血発症後2年経過 1日2回 1時間…

成人における総エネルギー消費の束縛と身体活動への代謝適応

Constrained total energy expenditure and metabolic adaptation to physical activity in adult humans Pontzer H, Durazo-Arvizu R, Dugas L, Plange-Rhule J, Bovet P, Fprrester TE, Lambert EV, Cooper RS, Schoeller DA, Luke A 2016 IF 8.8 現在、肥…

慢性絞扼損傷後のラット下唇の非侵害感覚介入における自律神経線維の発芽と変化

Autonomic fibre sprouting and changes in nociceptive sensory innervation in the rat lower lip skin following chronic constriction injury Grelik C, Bennett GJ, Riberio-da-Silva A 2005 IF 2.9 通常、交感神経と感覚神経の相互活動は少ないが、神…

アルコール摂取下では、機械受容器の感覚はヒトの姿勢制御における重要性を増す

Mechanoreceptive sensation is of increased importance for human postual control under alcohol intoxication Modig F, Patel M, Magnusson M, Fransson PA 2012 IF 2.3 ヒトの立位姿勢の安定性は、視覚、前庭、固有受容、機械受容感覚を中枢神経系が統…

皮膚神経刺激と運動ニューロンの興奮性

Cutaneous nerve stimulation and motoneuronal excitability 2 Delwaide PJ, Crenna P 1984 感覚神経の刺激後、遠位の運動核でさえ回復曲線によって示される興奮性の変化の影響をうける。 すべてにおいて、等しくない2つの促通のピークが見出される。 これ…

静的および動的紡錘ニューロンの赤核脊髄路のコントロール

Rubrospinal control of static and dynamic fusimotor neurons Appelberg B, Jeneskog T, Johansson H 1975 ネコを用いて赤核脊髄路がγ運動ニューロンにおよぼす影響を研究 約40%の細胞が動的なものと考えられた。 動的な紡錘運動ニューロンは、屈筋細胞の…

後肢懸垂は機械的感覚受容、上皮の厚さ、末梢神経分布に影響をもたらさない

Hindlimb suspension does not influence mechanical sensitivity, epidermal thickness, and peripheral nerve density in the glabrous skin of the rat hind paw Tanaka Y, Nakano J, Hamaue Y, Sekino Y, Sakamoto J, Kataoka H, Okita M 2013 IF: 1.461…

拘縮の治療と予防のためのストレッチ

Stretch for the treatment and prevention of contracture: an abridged republication of a Cochrane systematic review LA Harvey, OM Katelinic, RD Herbert, AM Moseley, NA Lanninm, K Schurr 2017 IF 4.08 ストレッチは本当に効果があるのか 動物実験…

不動による非炎症性関節拘縮

Noninflammatory joint contractures arising from immobility: animal models to future treatments Wong K, Trudel G, Laneuville O IF 2.4 疫学的に関節拘縮を分類すると ①先天的なもの ②慢性疾患や外傷後(炎症性の経路による) ③不動によるもの ②の場合…

圧および侵害刺激による歯からの求心性情報

Afferent impulses from the teeth due to pressure and noxious stimulation C Pfaffmann 1939 ネコを用いて、歯根部が痛覚だけでなく、様々な情報を伝達することを研究。 結果、歯根部の歯根膜は神経終末が集まっており、ここへの圧刺激が脳へimpulseを送…

ラット膝関節拘縮モデルに対する低強度超音波療法の効果

Effect of low-intensity pulsed ultrasound therapy on a rat knee joint contracture model Watanabe M, Kojima S, Hoso M 2017 ラット膝関節をキャスト固定し、8週間固定 その後治療群は4週間超音波治療を実施 非治療群は4週間放置 コントロール群は12週…

一卵性双生児の腰椎MRIの変性の類似性

Similarities in Degenerative Findings on Magnetic Resonance Images of the Lumbar Spines of Identical Twins 1995 IF2.4 MC Battie, DR Haynor, LD Fisher, K Gill, LE Gibbons, S Washington, T Videman 20組 40人の一卵性双生児の双子の男性の腰椎椎…

脳卒中発症24時間以内の超早期介入の効果と安全性について

Efficacy and safety of very early mobilisation within 24h of stroke onset (AVERT): a randomised controlled trial 2015 IF 45 (←なんと!) 脳卒中発症後、早期の介入は効果があると言われているが、 その介入方法には定義はなく、強いエビデンスに裏付…

慢性炎症時の皮膚における交感神経線維の発芽

Autonomic fiber sprouting in the skin in chronic inflammation L Almarestani, G Longo, A Ribeiro-da-Silva IF3.5 2008 ニューロパチーの際 交感神経線維が上部真皮に発芽する(正常であれば上部真皮に交感神経線維はない) これは、慢性炎症や関節炎で…

膝関節拘縮の関節または筋による制限の質的・時間的回復

Quantitative and temporal differential recovery of articular and muscular limitations of knee joint contractures; results in a rat model G Trudel, O Laneuville, E Coletta, L Goudreau, HK Uhthoff 2014 IF 3.3 関節拘縮の研究 250匹のラットを1,…

グループⅡ筋求心性線維はおそらくヒトの歩行時の中潜時ヒラメ筋伸張反射に貢献する

Group Ⅱ muscle afferents probably contribute to the medium latency soleus stretch reflex during walking in humans MJ Grey, M Ladouceur, JB Andersen, JB Nielsen T Sinkjaer 2001 IF 5.0 歩行時に足首が動揺する際、ヒラメ筋筋電図における中潜時応…

中枢性めまいに対する椎骨脳底システムのCTアンギオ

Vertebrobasilar system computed tomographic angiography in central vertigo Pasaglu L 2017 めまいのある患者にCTAやMRIを用いて椎骨動脈を評価。 既往歴、身体検査、耳科や神経学的なテストから、中枢性めまいの疑いのある129名の患者(MRIで脳梗塞は否…