某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、理学療法士である私上條が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 当ブログの内容はご自由にお使いいただいて構いませんが 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

おしらせ

色々と調べてみたところ、論文の翻訳が著作権侵害にあたる可能性がありそうです。 少なくとも、自分の文章よりも長い引用はアウトなようで。 要約ならOKなようなのでしばらく要約で書いていきます。 これまで書いた文章もうまくまとめられたら順次再度記載し…

アルコール摂取下では、機械受容器の感覚はヒトの姿勢制御における重要性を増す

Mechanoreceptive sensation is of increased importance for human postual control under alcohol intoxication Modig F, Patel M, Magnusson M, Fransson PA 2012 IF 2.3 ヒトの立位姿勢の安定性は、視覚、前庭、固有受容、機械受容感覚を中枢神経系が統…

皮膚神経刺激と運動ニューロンの興奮性

Cutaneous nerve stimulation and motoneuronal excitability 2 Delwaide PJ, Crenna P 1984 感覚神経の刺激後、遠位の運動核でさえ回復曲線によって示される興奮性の変化の影響をうける。 すべてにおいて、等しくない2つの促通のピークが見出される。 これ…

静的および動的紡錘ニューロンの赤核脊髄路のコントロール

Rubrospinal control of static and dynamic fusimotor neurons Appelberg B, Jeneskog T, Johansson H 1975 ネコを用いて赤核脊髄路がγ運動ニューロンにおよぼす影響を研究 約40%の細胞が動的なものと考えられた。 動的な紡錘運動ニューロンは、屈筋細胞の…

後肢懸垂は機械的感覚受容、上皮の厚さ、末梢神経分布に影響をもたらさない

Hindlimb suspension does not influence mechanical sensitivity, epidermal thickness, and peripheral nerve density in the glabrous skin of the rat hind paw Tanaka Y, Nakano J, Hamaue Y, Sekino Y, Sakamoto J, Kataoka H, Okita M 2013 IF: 1.461…

拘縮の治療と予防のためのストレッチ

Stretch for the treatment and prevention of contracture: an abridged republication of a Cochrane systematic review LA Harvey, OM Katelinic, RD Herbert, AM Moseley, NA Lanninm, K Schurr 2017 IF 4.08 ストレッチは本当に効果があるのか 動物実験…

不動による非炎症性関節拘縮

Noninflammatory joint contractures arising from immobility: animal models to future treatments Wong K, Trudel G, Laneuville O IF 2.4 疫学的に関節拘縮を分類すると ①先天的なもの ②慢性疾患や外傷後(炎症性の経路による) ③不動によるもの ②の場合…

圧および侵害刺激による歯からの求心性情報

Afferent impulses from the teeth due to pressure and noxious stimulation C Pfaffmann 1939 ネコを用いて、歯根部が痛覚だけでなく、様々な情報を伝達することを研究。 結果、歯根部の歯根膜は神経終末が集まっており、ここへの圧刺激が脳へimpulseを送…

ラット膝関節拘縮モデルに対する低強度超音波療法の効果

Effect of low-intensity pulsed ultrasound therapy on a rat knee joint contracture model Watanabe M, Kojima S, Hoso M 2017 ラット膝関節をキャスト固定し、8週間固定 その後治療群は4週間超音波治療を実施 非治療群は4週間放置 コントロール群は12週…

一卵性双生児の腰椎MRIの変性の類似性

Similarities in Degenerative Findings on Magnetic Resonance Images of the Lumbar Spines of Identical Twins 1995 IF2.4 MC Battie, DR Haynor, LD Fisher, K Gill, LE Gibbons, S Washington, T Videman 20組 40人の一卵性双生児の双子の男性の腰椎椎…

脳卒中発症24時間以内の超早期介入の効果と安全性について

Efficacy and safety of very early mobilisation within 24h of stroke onset (AVERT): a randomised controlled trial 2015 IF 45 (←なんと!) 脳卒中発症後、早期の介入は効果があると言われているが、 その介入方法には定義はなく、強いエビデンスに裏付…

慢性炎症時の皮膚における交感神経線維の発芽

Autonomic fiber sprouting in the skin in chronic inflammation L Almarestani, G Longo, A Ribeiro-da-Silva IF3.5 2008 ニューロパチーの際 交感神経線維が上部真皮に発芽する(正常であれば上部真皮に交感神経線維はない) これは、慢性炎症や関節炎で…

ラットにおける不動後の後肢の上皮の厚さ、末梢神経分布、機械受容の変化

Changes in hind paw epidermal thickness, peripheral nerve distribution and mechanical sensitivity after immobilization in rats. J Nakano, Y Sekino, Y Hamaue, J Sakamoto, T Yoshimura, T Origuchi, M Okita 2012 IF 1.6 ラットだけでなく、ヒトの…

膝関節拘縮の関節または筋による制限の質的・時間的回復

Quantitative and temporal differential recovery of articular and muscular limitations of knee joint contractures; results in a rat model G Trudel, O Laneuville, E Coletta, L Goudreau, HK Uhthoff 2014 IF 3.3 関節拘縮の研究 250匹のラットを1,…

グループⅡ筋求心性線維はおそらくヒトの歩行時の中潜時ヒラメ筋伸張反射に貢献する

Group Ⅱ muscle afferents probably contribute to the medium latency soleus stretch reflex during walking in humans MJ Grey, M Ladouceur, JB Andersen, JB Nielsen T Sinkjaer 2001 IF 5.0 歩行時に足首が動揺する際、ヒラメ筋筋電図における中潜時応…

中枢性めまいに対する椎骨脳底システムのCTアンギオ

Vertebrobasilar system computed tomographic angiography in central vertigo Pasaglu L 2017 めまいのある患者にCTAやMRIを用いて椎骨動脈を評価。 既往歴、身体検査、耳科や神経学的なテストから、中枢性めまいの疑いのある129名の患者(MRIで脳梗塞は否…

足底の皮膚受容器の役割

The role of cutaneous receptors in the foot 2002 Inglis JT, Kennedy PM, Wells C, Chua R 概要 前回のブログに記載した論文の元となった論文です。(ちょっと古いです) この論文において、1つめは、様々な振動周波数をもちいて足底の55箇所において…

脳卒中患者さんの立位保持に対するライトタッチの効果

Influence of light touch using the fingertips on postural stability of poststroke patients 2015 SH Lee, DG Lee, YB Lee, YJ Jee, GC Lee, D Park 脳卒中後の患者さんの姿勢制御に、ライトタッチがどのような影響をもたらすかを検証する。 静止立位時…

足底の皮膚受容器の変化について

Selective skin sensitivity changes and sensory reweighting following short-duration space flight 2014 CR Lowrey, SD Perry, N DJ Strzalkowski, DR Williams, SJ Wood, LR Bent 宇宙へいく前後の宇宙飛行士の踵、第5中足骨頭、母趾における感覚受容…