某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、理学療法士である私上條が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 当ブログの内容はご自由にお使いいただいて構いませんが 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

中枢性めまいに対する椎骨脳底システムのCTアンギオ

Vertebrobasilar system computed tomographic angiography in central vertigo

Pasaglu L    2017  

 

 

めまいのある患者にCTAやMRIを用いて椎骨動脈を評価。

既往歴、身体検査、耳科や神経学的なテストから、中枢性めまいの疑いのある129名の患者(MRI脳梗塞は否定)

コントロール群として、めまいは無いが似たような脳血管疾患のリスクファクターをもつ120名。椎骨動脈と脳底動脈の直径、形成不全、椎骨動脈の出口側の変化、椎骨脳底動脈のねじれ、50%以上の狭窄の有無がすべての患者において検査された。

 めまいのある群では、椎骨動脈の形成不全と50%以上の狭窄が高頻度でみられた。めまい患者のうち78名(60.5%)に50%以上の狭窄があり、そのうち54名(69.2%)はV1に、9名(11.5%)はV2に、2名(2.5%)はV3に、13名(16.6%)はV4に狭窄がみられた(V1-V4の分類は後述)。めまい、コントロールの両群において脳底動脈の形成不全と50%以上の狭窄の保持率は同程度であった。

 

  

V1・・・椎骨動脈の根元からC5,6頸椎の横突孔まで 

V2・・・C5,6の横突孔からC2まで

V3・・・C2横突孔から硬膜まで

V4・・・硬膜から脳底動脈になる合流地点まで

 

結果

 右の椎骨動脈の平均径

  めまい群3.72±1.15mm コントロール群3.94±0.9mm

 左の椎骨動脈の平均径

  めまい群3.97±1.1mm コントロール群4.18±0.8mm

  脳底動脈の平均径

  めまい群3.33±0.6mm コントロール群 3.44±0.7mm

それぞれ、めまい群の方が平均径が小さかったものの、統計的には優位差はみられなかった。

 

椎骨動脈の形成不全と50%以上の狭窄については、めまい群で明らかに高かった。78名のめまい患者には50%以上の狭窄があり、54名(69.2%)はV1に、9名(11.5%)はV2に、2名(2.5%)はV3に、13名(16.6%)はV4に狭窄がみられた。

解離性動脈瘤、線維筋過形成は両グループでみられなかった。めまいのある8名は50%以上の狭窄を伴う椎骨動脈の形成不全がみられた。8名のうち5名には経皮的血管形成術やステント留置が行われ、3名は血管内治療は希望しなかった。コントロール群では形成不全や狭窄は認められなかった。78名のうち5名は両側の狭窄があった。

 左の椎骨動脈は動脈弓から出るが、めまい群では9.3%、コントロール群では7.5%が鎖骨下動脈から出る変異がみられたが、統計学的には有意差はみられなかった。

 めまい群では9名はV1のねじれがあり、17名は脳底動脈のねじれがあった。コントロール群ではそれぞれ8名、13名で統計学的な有意差はなかった。

 

 

 

 

以下個人的な考察

考察が結果とほとんど一緒で考察じゃない気が・・・

 

 

以前に金沢へ教えに来てくれたアメリカのPTの話では、

アメリカではめまいに対して理学療法士が徒手でアプローチするらしいのですが

日本では耳鼻科の先生がやってますね・・・

 

私もアプローチの1つとして、頸椎へのアプローチ(もちろん評価あってですが)を行うことがあります。

上位頸椎ばかり重要視していましたが、めまい群ではV1の狭窄が多いとのことから

胸郭〜C5,6へのアプローチも大事になりそうですね。

 

来週は旅行先からの更新になるので更新できるか不明です(つд⊂)