某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、理学療法士である私上條が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 当ブログの内容はご自由にお使いいただいて構いませんが 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

一卵性双生児の腰椎MRIの変性の類似性

Similarities in Degenerative Findings on Magnetic Resonance Images of the Lumbar Spines of Identical Twins

 

1995  IF2.4

MC Battie, DR Haynor, LD Fisher, K Gill, LE Gibbons, S Washington, T Videman

 

20組 40人の一卵性双生児の双子の男性の腰椎椎間板の変性具合をMRIで評価。

各双子間の椎間板の変性具合は非常に高い割合で類似していた。

そのため、椎間板の変性具合には遺伝的要因が影響することが考えられる。

 

 

 

以下、個人的な考察

えらい短くなってしまいました。

 

昔仕事で無理をしたから腰を悪くしちゃって・・・って話を良く聞きますが

この研究では仕事の負荷の大きさに関係なく、各双子間の椎間板の変性具合は似ていたとのこと。

 

 

椎間板の変性は遺伝的要因で進行していくのか

双子だと身体的特徴が似てくるので(これも遺伝的要因といえば遺伝的要因ですが)、繰り返される日常の動作で変性が進んでしまっているのか

いろいろな考え方ができるかと思いますが

確か2016年に椎間板の変性を起こす遺伝子が発見されたそうで。

遺伝的な要因が強いんですかね。

 

遺伝子で変性が決まるとなると、

腰を悪くする人は生まれながらにして決まってるって考えると何かやるせない感じです。

とはいえすべての病気の原因は遺伝子であるという考え方もあるみたいです。

(負荷がかかり続けると遺伝子に問題が発生し、恒常性を維持できず異常な状態になる)

 

癌の場合、今後は癌の原因となる遺伝子を見出し、遺伝子治療で癌を治していくという話はよく聞きますが

そのうち遺伝子治療で椎間板の問題や、その他様々な疾患も治療できるようになると考えると

理学療法士としての仕事はどんどん減っていくかもしれません。

まぁ社会全体を考えるといいことかもしれませんけどね。