某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、理学療法士である私上條が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 当ブログの内容はご自由にお使いいただいて構いませんが 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

不動による非炎症性関節拘縮

Noninflammatory joint contractures arising from immobility: animal models to future treatments

Wong K, Trudel G, Laneuville O

IF 2.4

 

疫学的に関節拘縮を分類すると

①先天的なもの

②慢性疾患や外傷後(炎症性の経路による)

③不動によるもの

 

 

②の場合、滑膜の増生と線維化を伴う関節包の変化を起こし、疼痛によるROM制限を伴う事が多い。

大きな関節に拘縮が発生した1/3以上はICUで2週間以上の臥床をした患者である。

ICUで拘縮がつくられた患者は、退院後3.3年における死亡率が高い。

 

疫学的には機械的刺激の不足が拘縮の原因となる。

 

関節拘縮は慢性化すると治療効果が少ない。

関節包の変化(関節包の短縮、接着、線維化)→その後ROM改善しない

不動は筋の異栄養と関節包の変化をもたらす

 

不動化により軟骨細胞の遺伝子発現も変化

軟骨内のタンパクレベルが変化し、滑液分泌は減少する。

そのため、関節拘縮は遺伝的な要因もある。

 

不動により、関節包のtypeⅠコラーゲンが増生しtypeⅢコラーゲンが減少する

最終糖化産物(AGEs)は結合線維の剛性を高める

 

神経由来の症状(脳卒中、脊髄損傷、脳性麻痺等)にはストレッチの効果がない。

 

 

以下、個人的な考察

ICUで拘縮がつくられた患者は、退院後3.3年における死亡率が高いっていうのは

介入できないほどの病態→拘縮になった可能性があるんじゃないかと思うので

拘縮自体が死亡率に関わるのかどうかはわかりませんが。

 

コラーゲンについては、Ⅲ型/Ⅰ型コラーゲンの比率が

加齢に伴って低くなるという論文があり、不動によって加齢と似た身体の変化をもたらされるのでしょう。

身体の中で動かない部分というのは加齢が進行するんですかね。

 

最近は拘縮においても遺伝子、タンパクレベルでの研究がなされているみたいで、身体に加わる周囲の因子から、タンパクレベルで身体の変化がおこるということからも

いろんな刺激が身体に入るのが健康維持には大切なのだと思います。

 

AGEsが結合線維の剛性を高める→食べ物によって身体の状態が悪化するってのがちゃんと論文であるんですね。

甘いものばかり食べてると体を悪くするというのは、血液データ的なものだけでなく関節拘縮にも関係するみたいで、

後輩がジュースが好きだけど、飲むと体が硬くなるんですとか言ってたけど、こういうことですかね。

 

神経由来の拘縮にストレッチは効果がないっていうのは、医学的に説明するような論文はありましたが、統計的なデータに関しても論文があるみたいなので

近いうちに翻訳してみたいと思います。

 

臨床に真剣に向き合っている方々から、「なんかわからんけど臨床上こういうことがあるよ」と教えてもらった現象は

少し時間が経ってくると多くのものがデータとして証明されてくるのでびっくりです。