某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、某理学療法士が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 個人的にどこでみた文献か忘れないようにメモしているようなもので、 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

アルコール摂取下では、機械受容器の感覚はヒトの姿勢制御における重要性を増す

Mechanoreceptive sensation is of increased importance for human postual control under alcohol intoxication

 

Modig F, Patel M, Magnusson M, Fransson PA  2012  IF 2.3

 

ヒトの立位姿勢の安定性は、視覚、前庭、固有受容、機械受容感覚を中枢神経系が統合することで成り立つが、もし感覚の減少や欠落がおきると中枢神経系は他の信頼できる感覚情報に重きをおくことで代償する。これを感覚の再荷重という。

 

アルコール摂取により頭位アルコール眼振が起きたり、眼球運動の異常が起きたり、脊髄小脳や前庭小脳由来の失調が起きたりする。

 

その際の姿勢制御には、足底から中枢神経系に送られる皮膚感覚がバランス調整に特に重要である。

足底から詳細な時間的、空間的情報が入力され、体順応が変化する(!)

 

この研究の目的は、足部からの低閾値の機械受容感覚が、アルコール摂取後の開眼時、閉眼時の姿勢制御にどう貢献するかを検討することである。 

 

 結果、酔うほど足部感覚の重要性は大きくなった。

 

特に振動刺激に対する反応が弱い人(閾値が高い人)は酔った際にひどい不安定性を示した。

 中枢神経内のアルコールの存在は、細胞膜へのナトリウムイオンの流れを阻害し、結果神経がうまく発火できなくなったり伝導速度が遅くなったりする。

前庭感覚情報の阻害は酔いのレベルに関連するため、酔うほど姿勢制御における足部感覚の重要性は増大する。

 

 

 以下、個人的な考察

以前書いた足底感覚受容器の順応が遅い受容器と速い受容器は

遅いのが触覚受容、速いのが振動受容に関連するという研究もあるようです。

特に動的な安定性には速い受容器が関わるみたいですね。

 

酔いによって足底感覚も低下する可能性もあるとは記載されていますが、特に阻害のレベルが強いのは前庭感覚のようです。

 

もともと振動刺激に対する閾値が高い人もいるようなので、誰もが同じ反応するわけではないってのが大事ですね。

今回の研究では、振動は120Hzを用いたようですが、

以前の記事に書いた各受容器が最も反応する振動数(FA1・・・60Hz FA2・・・250Hz)とは異なるんですよね。

複合的にみてるってことですかね。

 

 

 今回の件は上記の通りですが、途中の

「 足底から詳細な時間的、空間的情報が入力され、体順応が変化する」

 の部分には驚きです。

まさか足部への感覚入力が姿勢に影響をもたらす件が論文になっているとは!

 

この部分は他の論文の引用のようのですが、この論文をダウンロードできたら近々訳してみたいと思います。