某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、某理学療法士が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 個人的にどこでみた文献か忘れないようにメモしているようなもので、 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

脳卒中後の上肢運動機能の回復におけるFESの効果(ケーススタディ)

Effect of intensive functional electrical stimulation therapy on upper-limb motor recovery after stroke: case study of a patient with chronic stroke

Kawashima N, Popovic MR, Zivanovic V  2013  IF 0.7

 

22歳女性 脳出血発症後2年経過

1日2回 1時間のFESを12週実施

(三角筋前部線維・後部線維、上腕二頭筋、三頭筋、橈側手根伸筋、尺側手根伸筋、尺側手根屈筋に電極を貼り、動作における収縮をアシスト セラピストはその動作もアシスト)

 

結果 

最大随意収縮レベルは大きな改善は無し

筋収縮の開始、停止の随意性は改善がみられた筋もあり

痙性の減少もみられた

肩と肘の協調性の改善もみられた

 

 

以下、個人的な考察

電気刺激に対しては効果があるって論文とあんま無いって論文とありまして。

自分の上司はどうやら嫌いらしくて否定的なんですよね。

結構職場でもやってる人は多いんですけど、はたして本当に電気刺激でよくなっているのかはよくわからない。

 

海外の論文だと何の介入にしても、長い治療時間×長い期間やってるんですけど、なかなかそんな時間とれないので

日本の方の論文をみてみたのですけど、この論文も治療時間しっかりとってますね。

 

どちらにしても電気刺激しているだけでは厳しい気がします。

セラピストが正しい運動方向へ誘導しつつ、電気刺激も足して・・・ってのが多分重要なんでしょうね。

電気刺激だけで良くなるならセラピストは要らないってことでしょうし。

 

個人的には数値で表せないものは結構大事だと思ってるのですが

それを中心にしてしまうと論文にできないっていう難しさ。

ここをうまく超えるものがあると一気に進歩する気がします。