某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、某理学療法士が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 個人的にどこでみた文献か忘れないようにメモしているようなもので、 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

肺線維症の発現プロファイリングの比較により、Hypoxia-inducible Factor-1αの病気における役割が示唆される

Comparative Expression Profiling in Pulmonary Fibrosis Suggests a Role of Hypoxia-inducible Factor-1α in Disease Pathogenesis

Tzouvelekis A, Harokopos V, Paparountas T, Oikonomou N, Chatziioannou A, Vilaras G, Tsiambas E, Karameris A, Bouros D, Aidinis V   2007  IF 13

 

発現プロファイリング・・・さまざまな細胞の異なる遺伝子から作られるメッセンジャーRNAを測定する研究方法。腫瘍の種類のサブグループを特定したり、どの患者が治療に反応し、どの患者でがんの再発リスクが高いのかを予測したりする上で役立つ診断検査として用いられる。(weblio辞書より)

 

特発性肺線維症の原因や疫学はまだほとんどわかっていない。

Hypoxia-inducible Factor-1α (HIF-1α)の病気における役割検討した。

統計学的に肺線維症と関連する様々な遺伝子を比較し、線維症の肺の過形成の上皮においてHIF-1αの過剰発現がみられた。

肺上皮細胞のホメオスタシスと病気の発症におけるHIF-1αの主要な役割を明らかにし、様々な間質性肺炎における病態生理学的な知見をもたらしHIF-1αの抑制の重要性を示した。

 

wikipediaより

低酸素誘導因子(ていさんそゆうどういんし、英:Hypoxia Inducible Factor、HIF)とは細胞に対する酸素供給が不足状態に陥った際に誘導されてくるタンパク質であり、転写因子として機能する。病巣においては栄養不足や細胞外pHの低下、血流不足による酸素供給不足(低酸素)状態が認められるが、癌細胞が生き延びるためには新たに血管網を形成することにより病巣への血流を増加し、低酸素状態を脱する必要がある(血流の増加は転移経路の確保にもつながっている)。そのための機能を担うべく低酸素条件下おいて誘導される転写因子がHIFであり、種々の遺伝子転写を亢進させる。HIF-αにはHIF-1α、HIF-2α、HIF-3αが存在するが、これらはいずれも細胞内に構成的に発現しているHIF-1βとヘテロ二量体と結合する能力を持つ。HIF-1αは正常酸素圧下でも産生はされるがタンパク質分解酵素複合体である26Sプロテアソームにより分解されてしまうため機能しない。

 

 

以下、個人的な考察

低酸素状態だとHIFが出る

→血管新生と線維増生が促される

結果疼痛が出やすくなるのと拘縮もできやすくなる、肺だと肺線維症の原因になるってことですかね。

ってことは肺の線維症は一度なると低酸素状態→線維症がどんどん進行してしまうのでしょうか・・・

確かに間質性肺炎の患者さんてなかなか呼吸状態が改善してこない。

 

 

拘縮についてまとめていたら、色々と孫引きででてきた論文があったので

調べてみたら非常にありがたい知見を得られました。

 

やはり拘縮には血流(O2の供給)が関わるんですなぁ。

 

ここさえわかれば自分の中でいろんなことの説明がつく!って部分に関する論文が見つけられたときの喜びは

なんとも言い難いもんです。

 

IFも高いし素晴らしい。

こんな論文をガンガンみつけて色々なこととつなげていけたら無敵なんですけど

なかなかそうもいかないんですよねぇ・・・

読んでみたら思ったものとちょっと違うってのもよくありますし。

まぁ数読んで勉強していくしかないんでしょうね。

 

来週は研修会のため更新できるか不明です。