某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、某理学療法士が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 個人的にどこでみた文献か忘れないようにメモしているようなもので、 私の英語力は・・・あっ(察し)といったレベルなので、 元の論文を1度ご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

TKAの結果と膝関節屈曲拘縮の役割

The role of flexion contracture on outcomes in primary total knee arthroplasty

Ritter MA, Lutgring JD, Davis KE, Berend ME, Pierson JL, Meneghini M 2007  IF 3.0

 

屈曲拘縮がTKAオペ後の結果にどう影響をもたらすかを検討する。

5622の膝について調査

 

オペ前に

A.膝を最大伸展した際の角度が5°屈曲位〜9°以上の過伸展の人 62.1%

B.膝を最大伸展した際の角度が6°以上屈曲位の人       35%

オペ後に10°以上の屈曲拘縮が残存した人Aは少なく、Bは多く、約6倍の差

 

男の方が拘縮が残りやすく、太った人はオペ後拘縮になりにくい。

オペ前に10°以上の反張膝がある人は、そうでない人に比べて2.5倍痛みが出やすい。

 

オペ後に屈曲拘縮がある場合、膝の伸展が正常であるよりも疼痛は少なく、機能的にも高いものとなりやすい。

オペ後に10°以上の過伸展がある場合は痛みが出やすく、機能的にも低いものとなりやすい。

 

 

以下、個人的な考察 

以前ブログで書いた屈曲拘縮には意味があるみたいな文章の元となってた論文です。

 

たしかに屈曲拘縮の方が疼痛でにくいってことで意味があるのかもしれませんが、

そのメカニズムとかはどうなんでしょう・・・

屈曲より過伸展の方がよくないみたいですね。これはなんとなくわかりますが。

 

昔勤めていたクリニックにもTKA後過伸展+膝の中に感染で疼痛強い人いたけど

当時の自分には何もできなかったなぁ・・・

今なら何かできるのかはわかりませんが。

 

大病院だと期限がくれば退院になりますが、クリニックとかだとそうはいかないし

個人的にはクリニックの方が大変なイメージです。

個人で開業してる人なんてさらに大変でしょうけど

 

来週も更新しないと思います。多分。