某理学療法士の英語論文考察ブログ

当ブログは、某理学療法士が 様々な英語論文を翻訳して、日々の臨床との繋がり等含めて考察しているブログです。 個人的にどこでみた文献か忘れないようにメモしているようなものです。元の論文をご確認いただいてからの方が安心かと思います。 (基本的にpubMedでフリーになっている論文です)

choosing wisely

choosing wisely 賢い選択について

 

英語論文ではないですが、

海外では無駄な医療を削減しようと様々な取り組みがなされているそうで。

 

例えば、腰が痛い際には整形外科へ行ってレントゲンをとってもらうって流れが多いと思うのですが、

85%は画像診断で原因がはっきりしないと言われている中でレントゲンが第一選択になるのは医療費も無駄になるしレントゲンによる被爆も考えられるしってことで推奨されないというのはよく言われますね。

 

特にアメリカは数字による結果が重要視されますし、RCT等の論文というのは非常に大切かと思います。

 

手元にある試料を一部抜粋すると

健常者に対するPET検査やCT検査でのがん検診は、がんがみつかる可能性が低く、放射線被爆リスクもあるため推奨されないそうです。

グルコサミンやコンドロイチンが膝関節症の患者の症状を緩和させる効果はないとか。舞の海さんもびっくりです。

 

 

PT部門についてはどうなんだろうと思い

American Physical Therapy AssociationのHPを見てみたところ

①筋骨格系に対する温熱(表層、深部とも)は長期的にみて臨床的に重要な効果がない

 (短期的に疼痛を軽減する効果はあるそうです)

②高齢者に対して過小すぎる負荷の運動処方をしてはならない。各個人の能力やゴールに合わせて頻度、強度、期間を決定するべき

(ここで紹介されている論文の一番上にある論文では55歳以上を対象にしていましたが、日本で高齢者と呼ばれるような超高齢者でもそうなのかしら)

 

重篤な医学的な問題が無い限り、抗凝固療法が施された急性深部静脈血栓患者のベッド上安静は推奨しない

④単純なTKA後に、CPMの使用は推奨しない

⑤創傷のケアとして過流浴は推奨しない

 

上記5つがのってました。

 

自分としてもこれは効果あるだろ!と思うことがあるので論文にしたいところですが

介入の直後にどうなったかっていうのは研究として比較的やりやすいと思いますが、

それが長期的にみてどうなのかというのはなかなか難しい・・・

とりあえず介入A群とB群でランダム化してみてみたら2群間で初期値に有意差があるっていう自体になってしまい困ったもんです。